不当景品類及び不当表示防止法とは

不当景品類及び不当表示防止法とは

不当景品類及び不当表示防止法とは、商品、薬務の取引において不当な景品や表示をしての客引きを防ぐため、一般消費者の自主性、合理性のある選択を害する行為を制限、禁止して一般消費者の利益を保護することを目的とした法律です。具体的には、公正な消費者との取引を促すために、商品やサービスを提供する事業者が、商品やサービスの広告を誇大にさせない政策をしています。「景品表示法」、「景表法」と一般的にいわれます。

事業者の定義は、第2条により定められており、「事業者」は、商業、工業、金融業などの事業をする者のことをいいます。また、この商業、工業、金融業などの事業をする者の利益のために仕事をする他の役員、従業員、代理人などの者も、この法律に適用される事業者にみなされます。この中の悪質な事業者から、この法律は消費者の利益を保護してくれます。

事業者は営利団体のため、何としても利益を得ようと他事業者との競争に勝つためのあらゆる画策を施します。しかし、中には実際の商品、サービスよりも飛躍した広告、写真、説明文などの表示を載せてしまうケースもあるのです。

通信販売は、特定商取引に関する法律の上に、全体の取引に適用されるこの不当景品類及び不当表示防止法の対象になります。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 全て自社工房にて熟練した職人がひとつひとつ丁寧に作っているアネリディギンザの婚約指輪は、200種類以上の品数が常に揃っており、専門のジュエリーコーディネーターがお客様の希望通りとなるようにカスタマイズの提案をしっかりとしてくれるのでオススメです。

Copyright(C) 通信販売 All Rights Reserved.