特定商取引に関する法律とは

特定商取引に関する法律とは

特定商取引に関する法律とは、訪問販売や通信販売などの電話勧誘販売の連鎖販売取引、特定継続的役務提供の取引、業務提供誘引販売取引、特定商取引、訪問購入の取引を公正にし、購入者を保護することを目的とし、具体的には訪問販売や通信販売など、特別な販売形態を呈するトラブルが発生しやすい商品、サービスの取引において、消費者と販売業者間の公正な取引を守っている法律です。

電子商取引の対象である「通信販売」の定義は、販売業者や役務提供事業者が郵便、または主務省令で定められた方法で売買をすることと、役務提供契約の申込みを受けての商品や指定権利の販売をすることと、役務の提供であり、電話勧誘販売には当たらないこととされています。

また、「電話勧誘販売」の定義は、販売業者や役務提供事業者が電話、または政令で定められた方法で売買、または役務提供契約の締結の勧誘により郵便等で申し込みを促して役務の提供をすることなどとされており、この電話勧誘販売に当たる場合、通信販売の対象にはなりえません。

この法律により、クーリングオフなど、消費者を守る制度が定められています。ただし、クーリングオフは消費者のためのものであり、事業関係の取引には適用されません。

    Copyright(C) 通信販売 All Rights Reserved.