電子商取引とは

電子商取引とは

電子商取引とは、WEB上や顧客との専用線などのコンピュータネットワークによる商品、サービスの取引のことです。Electronic Trading(電子商取引)からイートレード、イーコマースとも呼ばれます。また、電子商取引の中で、業者が独自に開設した通販サイトを「ECサイト」、複数の業者によって運営されるサイトを「電子商店街」といいます。ECサイトは、業者が統一されているため、消費者が商品、サービスをわかりやすく購入することができます。電子商店街は、オンラインモール、電子モール、ネット商店街などとも呼ばれ、さまざまな商品が1つのサイトで販売されているため、消費者が一括で多くの種類の商品を購入することができます。

もともと電子商取引は、企業間の電子データのやり取り、銀行間の電子マネーのやり取りのことを指していました。しかし、インターネットが発達し、一般家庭にまで広く普及したことでインターネット上の取引のニーズが増え、一般向けの製品を扱った電子商取引業者が数多く参入してきました。

また、日本において、一般向けの製品を扱う国内の業者の電子商取引は、「特定商取引に関する法律」における通信販売の対象になります。

    Copyright(C) 通信販売 All Rights Reserved.