通販のデメリット

通販のデメリット

通販はメリットのほうが一般的に大きいものの、便利なものにはリスクがつきものであるゆえ、消費者や事業者にとってのデメリットも存在します。それでは、通販のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、WEBサイト上の表示情報しか商品を選ぶ際の参考要素がないことです。実物を手に取ることが不可能なため、WEBサイトや情報サイトなどの記述、写真、口コミなどを見て、商品がどのようなものかを想像して購入を判断するしかありません。そのため、いざ実物が届き、想像や期待とは異なった場合、がっかりしてしまうことがあります。

また、購入手続きの最中に販売元が倒産し、先払いで支払った代金の返還がないまま、商品が手に入らないという事態も起こり得ます。ペット通販においては、購入したペットがすぐに死んでしまうという問題も起きており、体制の整備の課題があります。

事業者にとっては、メディアだけでは商品の説明が十分に伝えにくいというデメリットがあります。ただし、1つのWEBサイトを構える電子商取引の場合、魅力を説明するページを設け、文章によって事細かにアピールすることも可能です。しかし、誇大広告への目が厳しいため、表現の仕方には十分に気をつけなければならない上、消費者とのトラブルが発生しやすくなります。

    Copyright(C) 通信販売 All Rights Reserved.